水道管の不断水工法とは、既設管に分岐管やバルブを新たに設置するときに水の流れを止めずに行う工事です。

水の流れを止めなくて良いので、周辺住民への負担がなく、施工会社にとっても詳細な事前通知が省略でき工事を始めやすいメリットがあります。不断水には分岐工法と凍結工法との2通りがあり、分岐工法は割T字管を既設管を覆うように取り付け、そこへバルブを連結します。さらに穿孔機をつなげば準備が完了します。孔を開ける位置は、連結したそれぞれの管で密閉されており穿孔機からドリルを伸ばし孔を開けても、外部に水は流出しません。

ドリルを元に戻しバルブを閉じれば、外側につないだ穿孔機を取り外します。同じ場所へ分岐管をつなげば断水せずに分岐が完了します。もう一つの凍結工法は、新たに分岐管などをつなぎたい施工箇所を両側から液体窒素などで凍結させ、凍結後に施工するものです。凍結工法は性質上、短時間で施工が終了する箇所や効果的に凍結されられる直線的な箇所、あるいはバルブが遠い箇所にも向いています。

凍結工法を採用すれば穿孔機など時間を要する道具を別途設置せずに済むので、作業時間が短縮できます。いずれの工法によっても不断水は流れを止めないことで、赤錆など施工後の問題を最小限に抑えられます。この工法には不断水穿孔技能者と称する資格があり、業者を選定する際の目安にすると良いでしょう。また施工実績も工事において重要ですから参考にすべき点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *