水道工事と聞いた時、断水になるなどの連想をする人は多いのではないでしょうか。

しかし、最近は断水になることがない、水道工事は行われてないのだろうかなど、このように思う人は断水の経験で不便な思いをしたことがある人と言っても過言ではありません。最近の水道工事は不断水の状態で行われていることが多いなどからも、断水時のような不便な思いをすることなく水道設備を使い続けることができるわけです。水道工事は各住居や施設に水を安全な状態で送るために欠かすことができない工事です。

断水がないけれども設備がしっかりとメンテナンスされているのは不断水の状態で工事が行われているためで、断水工事の経験を持たない人にとって不断水は便利なものであるなどの認識は薄いかもしれません。断水状態になると、蛇口を捻っても水が流れなくなります。不断水の工事で行われていることが多い現代では、水が流れて来なくなることはあり得ないもの、流れて来るのが当たり前、このようにイメージするのではないでしょうか。

水道管を新しいものに変える時、流れを止めなければ外せないわけですから、止水栓を閉じて流れをストップさせる必要があるわけです。不断水の場合は、最初に新しいパイプを設置しておいて、古いパイプの流れを新しい方に瞬時に変える、いわゆるバイパス工事ですから、瞬間的には流れる量は変化するものの、家庭や施設の水道設備から流れる水は一定量を保つなどの特徴もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *