不断水とは断水させない事で、主に水道工事の内容を指しています。

仕切り弁など専用の機器を用いて分岐配管を設置し、それによって通常通りの水の流れを維持できる工法はまさに生活に優しいです。一般的に水道工事は断水状態に陥ってしまうと勘違いされていますが、現在はこの不断水工事が確立されているおかげでその心配はないと言えます。この不断水工事が始まったのは1959年です。当時経済的な影響で建設工事が多発していたものの、同時に断水状態になりがちだったそうです。

おまけに工事終了後に赤錆が混じってしまい、水質のレベルが劣ってしまう事も多々あったとされます。これらの問題やトラブルを解消されるために、確立されたのが不断水の工法というわけです。おかげで日常生活を送りながら水道に関するトラブルを解消できるうえに、断水に備える手間も省けています。手間が省けているという意味合いでは自治体も同様で、事前に周辺地域にチラシなどによるお知らせをしなくて済んでいる模様です。

道路に関する対策だけは軽減できないですが、逆に言えばそれだけに集中できると言えます。個人的な範囲にしろ自治体のレベルにしろ、不断水工事は現在水道の要になっている作業です。ちなみに、先述した専用の機器による工法以外にも低温物質が引き起こす凍結で工事をする場合もあります。この方法は小規模な断水が特徴的ですが、赤錆などの水質の劣化といったトラブルは起こらないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *