配管工事を施工するときに水が流すことが出来る状態を保ったままで、工事を進める技術のことを不断水工法と呼びます。

不断水工法には凍結工法と分岐工法があり、凍結工法は作業する部分の両端を液体窒素を利用して凍らせる方法です。凍った場所はバルブと同じ機能を持つので、バルブから離れていたりバルブが全然取り付けられていないときでも工事を進めることが出来ます。分岐工法は、すでに設置されている配管に穿孔機に搭載されたドリルを利用し穴をくり抜く方法です。そして分岐工法は不断水工法の中でも、1番早く考案された方法になります。

昭和34年に、水道や下水の配管工事を断水しないで行うために分岐工法が開発されました。今では、どちらの工事方法も下水と水道の両方で導入されています。かつては配管工事を施工するために、すでに取り付けられている配管の中の水流を停止する必要があったのです。断水するためには老朽化したバルブの弁を閉める必要がありますが、こびりついていたサビが剥がれ落ちて赤色に水が濁ってしまいます。

濁り水を取り除くためには、配管を分岐させてから配管の中を掃除することが必要です。そしてバルブが工事を施す部分の近くにないときには、広い地域で断水してしまいます。ですので、その地域に住んでいる人たちに通達したり給水車を用意したりするなど様々な準備作業をすることが求められるのです。しかし不断水工法を導入すると水道が使えるままで工事が出来るため、その地域に住む人たちに配慮する作業を省略出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *