不断水工法は断水せずに水道工事を行える工法です。

水道管は交換や修理などで工事が必要となることもあり、昔は作業のためには水を流したままにできないので工事のたびに断水が起きていましたが、不断水工法を使えば水の流れを止める必要がないため、工事の影響を少なくできるというメリットがあります。この不断水工法が使われるようになってから断水も少なくなったため、断水を経験したことが無い人もいて、断水しない有難みを感じる機会も減っているかもしれません。

ですが、水を使えるのが当たり前という現在では、定期的に断水があった昔以上に断水の影響は大きくなる可能性があります。蛇口から水が出なければ手が洗えませんし、お風呂で水が使えませんし、水洗トイレは流せなくなります。飲み水は水道水ではなくミネラルウォーターを買っているという人もいますが、断水の影響で売り切れることもあり、もし給水車まで水を貰いに行くことになればとても大変です。

また、地域全体ではなく一つの建物だけで断水が起こる場合でも不便があります。不断水工法を使わない場合は一部の配管を修理したいだけでも建物全体の水を止めなくてはならず、特に集合住宅なら全く関係ない部屋の工事で自室の水が使えないという不便を強いられてしまいます。凍結工法という必要な部分の一時的な断水だけで行える工法であれば、そういった問題とは無縁で、水道工事があっても便利な生活を維持することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *