マンションや普通の住宅街でも、水道管の工事を行うことがあります。

殆どの事例で老朽化対策を行っていることが多く、新しい管へと交換することで今後も長く利用できるという工事内容です。以前はこのような工事を行う際には水道がストップしてしまうことが一般的でした。工事期間中は水道が使えないことで、対象エリアに住んでいる方々には不便な生活が余儀なくされてしまいます。このことを避けるために夜間に工事が実施されるようなこともあり、施工前に全ての住民に対して給水がストップするという告知を行うことも欠かせません。

現在では水道工事の技術が向上していて、不断水工事を利用することで、困りごとを全て解消することができるようになりました。この工法は既存の管と専用の管を接合することで、水道の流れを止めずに工事を開始することができるものです。特殊な工法になるので、一般的な方法よりも少し高い工事費用が求められるものですが、全体的な経費を考えた際には、実際にはお得に工事を済ませることも決して不可能ではありません。

不断水工事で得られるお得感については、告知するチラシ代や人件費をカットすることができます。長期に及ぶ場合では、給水車を手配することを必要に感じることもありますが、不断水工事は水を使えるので、この経費も削減可能です。最後に夜間ではなく都合の良い時間帯に工事を進めることができるので、施工会社に支払う人件費も安くできる場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *