昔は水道管路から枝管を取り出すために断水して工事を行っていました。

その際、枝管を取り出す箇所の近くに既設のバルブがない際は、断水される範囲が広くなり広範囲に影響を及ぼすことになるのです。蛇口を捻れば水は当然出る生活が通常になった今、断水になる状況は災害時以外に考えられなくなっています。日本の高度経済成長と共に国民の生活水準が向上して断水をすることが難しくなりました。こうした状況の中で開発されたのが、不断水工法です。

不断水工法は、水道管を止めることなく、既設本管から分岐管を分岐・接続します。すなわち水を止めることなく工事を進めることができるのです。断水ができなくなった現在において、なくてはならない水道工事といえます。これによって、周辺住民への告知をしたり給水車を出したりする必要もなくなりました。不断水工法によって断水による地域への悪影響を解消することができたのが、最大の功績といえるでしょう。

また、この工法は工事にかかる時間が短く済み時間短縮でき、それに伴い工事費用を大幅に削減することができます。さらに、工事後の管内清掃の必要がないためそれに割いていた人件費や断水広報費、給水車費用と大幅にコストを削減することができるのです。不断水工法の誕生によって社会全体が得たものは多大であったといえるでしょう。水がない生活の回避、工事の時間短縮とコスト削減という大きなメリットをもたらす工法なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *