昔は、水道工事が行われる前に、付近の住民に工事のお知らせがされていました。

その告知を見て住民は、断水に備えて飲料水やトイレに流す水などの準備を始めたものです。近年では、水を止めることなく工事をする不断水分岐工法で行われるようになりました。不断水分岐工法は、圧送管路において供用開始後に通水状態のまま分岐設置やバルブ設置を可能にするため、水を止めずに工事をすることができます。水道工事期間中、生活に不可欠な水を止めることなく工事ができるように、上水道の給水分岐時に本管を断水することなく施工できるこの工法が考えられたのです。

この工法は、下水圧送管でも空気弁の追加設置、バイパス管路の分岐設置やバルブの追加設置にも利用されています。今では、水道管の工事に断水が付き物というイメージを持っている人も少なくなりました。断水を発生させることで日常生活に多大な不便をかけていた従来の工事から飛躍した工法なのです。不断水工事は水を止めるだけなく、工事期間も短いという利点があります。工事そのものにかかる時間はもちろん、周辺住民に断水する広報や対応する業務がなくなったことで、工事全体の労力・時間が短縮できるようになりました。

また、それに伴って人件費や諸経費も削減でき、工事にかかる経費が大幅にコストダウンすることができるようになったのです。蛇口をひねれば水が出る生活が当たり前になっている今、一定期間でも水が出ないという生活を送ることは極めて深刻です。一般家庭だけでなく、飲食店や工場も水が止まってしまえば営業ができない、工場の作業が遅れてしまうなど、大きな影響を与えてしまいます。不断水分岐工法は、経済全体にプラスをもたらしているといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *