全国で大規模な水道管のインフラ工事がはじまり半世紀以上経過していますが、老朽化による水漏れなどのトラブルに悩む自治体も増えています。

と言うのも昔は水道管の修理や交換を行う時は、工事中に水が噴き出さない様に断水して行う為に一般の家庭は勿論の事工場や飲食店などでも多大な影響を受けているからです。断水して工事を行う場合は数日前から対象地域の家庭や企業に告知し、当日は水を必要とする方の為に給水車の手配が必要になります。

一般家庭ならまだ断水の前に水をためておけば一時的には対策出来るのですが、工場やお店はそう言う訳にもいかないので臨時で休みにする必要もありましたが、最近では不断水工法と言う工事が主流になって来て断水せずに工事が出来る様になったのです。この不断水工法とは交換や修理を行う水道管の手前で分岐させたりしてバイパスを作るので、断水せずに工事が出来る仕組みになっています。断水して工事を行う場合は工事が終了して通水した時も、最初の内は汚れた水が出てきたのですが不断水工事ならそう言った事も無いので安心です。

この工事のメリットは他にも色々あり、断水への告知や給水車の手配などの余分な人件費や段取りの時間が節約出来る事と、工事自体も計画的に行える事から、自治体単位の工事では税金の節約になります。色々な会社が様々な設備と技術も向上して、より安全な不断水工事を行っているので水道管のトラブル時も私達が知らない間に修理交換が行われているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *