水道工事を実施することが必要となった場合には、工事責任者がどのような工法を採用するのかを事前検討することが求められます。

適切な施工方法を見極めて水道工事事業者を選定することも含め、入念な事前準備が欠かせないものと言えます。水道は基本的な公共インフラで日常生活に欠かすことのできない重要なものであり、断水が発生してしまうと極めて大きな影響を与えてしまう可能性が高くなります。昭和中期頃までは工事に伴う断水が日常的な光景となっていましたが、現代の複雑化した社会では事実上工事による断水は発生させないことが原則とも言えます。

として水道管の取扱は極めて重要であり、幾重も検討を重ねて施工を適切に行うことが求められます。そのために水道管の工事を行う場合には、たとえ一時的であっても断水を発生させることのないように「不断水工事」を実施することが必要不可欠となります。水道水には、浄水場から各住宅や商業施設に配水するにあたり、圧力がかけて供給されていますので、僅かな亀裂が入っても勢いよく水が噴出します。つまり、水の流れを止めないと工事を実施することができないということになります。

不断水工事の方法には、既存の水道管に別の通水経路を確保することで施工可能とする分岐工法や、部分的に凍結させて水流を止めることが可能な凍結工法があります。各水道工事事業者が技術開発を続けていますので、より省スペースでコストの低い工法を採用することが総工費の圧縮につながるものと考えて良いでしょう。工事発注側では、各水道施工業者の技術情報を把握するために専門のウェブサイトを活用することをお勧めします。一度アクセスして不断水工法の情報をしっかりと集めてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *