一般家庭で利用している水は、地面の下に埋まっている水道管を通して私たちの家へと送られてきます。

この水道管も永遠にもつようなものではなく、年月を経るにつれ傷んできて、やがて取りかえが必要になるときがやってきます。時には水道管を取り換える前に壊れてしまうことさえあります。道路の割れ目から水が湧き出している光景を、見たことがある人もいると思います。このようなことにならないためにも、常に水道管には目を配っている必要があり、放置しているのではなく定期的なメンテナンスが大切になってきます。

そのため、専門家が日夜水道管の異常を調べ、必要な工事を行っているのが実情です。水道管の工事はかつては、断水して工事を行うことが一般的でした。しかしこの方法では、日常生活に与える影響が大きいことが課題となっていました。断水は生活するうえで大変不便なものであり、出来ることならば断水することなく工事が行えることが理想です。市民からも断水なしでの工事に期待が寄せられていました。

こうした声にこたえるべく登場してきたのが、「不断水工事」です。不断水工事を行うと工事中であっても、水を利用することが出来るので多くの人の好評を得ている工法です。不断水工事を行うと工事期間を短縮出来たり、工事費用を抑えることが出来るのも特徴の一つです。さらには断水して行っていた水道工事では、工事後に水が濁ってしまうこともありましたが、このような心配も格段に少なくなったことも特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *