トイレやお風呂にキッチンなどで水漏れが発生すると、知らない間に水道料金が倍増していて驚く事はありますがこう言ったトラブルは専門の水道会社に依頼すれば早急に修理してくれます。

しかし約50年程前にインフラ整備された地中に埋まっている水道管が老朽化などで破損した場合は、大掛かりな修理工事になるのですが以前は周辺の地域全体を断水して交換する必要があり大変不便でした。断水しての工事は数日前から対象の地域に断水の告知をする必要がありましたし、断水当日には給水車の手配をしなければいけない程手間暇が必要です。また水道管を交換した直後はさびや泥などの汚い水が流れるなどで不便でしたが、最近は不断水工事の発展でそう言った不便は無くなっています。

この不断水工事とは交換する水道管の前後に分岐の設置やバルブを設置して通水のバイパスを作る事で、断水する事無く交換が可能な工事です。この工事のおかげで様々な地域の住民に不便な思いをさせる事無く、人件費も節約出来ます。特に一般家庭の敷地内の工事と違いインフラ整備での修理になると、工事費は税金となりますので自治体の税金の無駄遣いも無くなり大変助かるのです。

しかしいい事ばかりではなく万が一異物が混入した時は、ダイレクトに一般家庭の水道まで届いてしまうので工事を発注する時は不断水工事に精通した熟練の作業員のいる会社に依頼すると安心出来ます。水道管の工事は一般では目の当たりにする事は無いのですが、知らない間に大変便利で効率的な工事として進歩しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *