不断水は聞き慣れない言葉かもしれませんが、社会的に非常に貢献している技術です。

これは水道管工事を行う際に必要な技術で、水の流れを止めずに分岐配管工事ができる工法のことをいいます。不断水工法を用いると、水を止めることで影響を受けるはずだった世帯に一切の迷惑をかけずに済みます。工事中はもちろんのこと、工事後もきれいな水が出るまで水道水を流し続ける必要がないので、実に画期的な工法だといえます。近年の水道管工事は不断水工法が中心となっています。

地方では今でも断水を行っているところがあるかもしれませんが、ほとんどの地域で不断水工法が行われています。この工法のメリットはとてもたくさんあります。住民側からすると、自ら断水に備える必要がありません。いつでも蛇口をひねると水が出るのは一番のメリットだといえるでしょう。工事を行う側からすると、断水のお知らせをする必要がなく、給水車の手配をする手間もかかりません。他にも工期を短くすることが可能なので、人件費をカットすることもできます。

不断水工法はいくつかの種類がありますが、一番よく行われているのが専用の工具を使う方法です。ヤノT字管や仕切り弁、穿孔機などを使って水の流れをコントロールし、分岐配管を設置します。他にも、超低温物質を使って作業を行う部分の両側を凍結させ、部分的に断水を行って作業をします。小さな断水はするものの、付近の世帯への水の供給に影響を与えるものではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *