一般家庭で水道管を増設したりするときなどは、大掛かりな工事になるので断水は避けられえないと考えている人も多く、水道の増設をあきらめてしまっている人もいます。

ガーデニングなどをするときは、庭にも水道があった方が便利なことも多く、庭で水がとれるような工事を考える人もいましたが、工事が大掛かりになることを想定して、普段の生活への影響を考えて躊躇している人もいたのが現実です。今まではそのようなことが多いのが現状でしたが、現在では工法が進化して、工事中であっても水を利用することも出来る「不断水工事」が開発されたため、日々の暮らしに影響を与えることなく、ガーデニングが趣味の人が念願の庭に水道管を増設するということも可能になりました。

不断水工事を行えば、庭で簡単に水道が利用できるようにするだけでなく、断水を気にせず比較的自由に水道管の増設などができるようになりました。水道管を工事する方法にはいくつかありますが、その中でも不断水工事は断水することなく工事を行えることが特徴なので大変有効な工事方法となっています。

今までは、水道管の工事が始まる前に使用する水を確保しておいたりしなければなりませんでしたが、この不断水工事を行うと水道管増設のような場合でも、日常生活に大きな影響を与えるような断水をせずに工事が行えるのです。このように、一般的に不断水工事を行えば、工事中でも家庭内で水が利用できるので最近では広く行われている工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *