地面の下に埋設されている水道管などは年数が経過すると、特に古い時代に作られた金属製タイプの場合では、著しく劣化を起こしている可能性があります。

公共設備として利用している場合では、各自治体によって新しいものへと切り替えを順次しているものですが、この工事期間中にトラブルに発展してしまうことが無いように、十分な配慮も求められています。従来の方法では一時的ではありますが、工事エリア内の住宅は全て給水が止まってしまうことが基本です。そのため、事前にチラシを配布したり、断水のお知らせを十分にすることが重要でもあり、道路を掘り返す作業も行われるので、道路の通行対策も求められています。

給水がストップしてしまう工法では、事前周知していてもトラブルに発展してしまう可能性は否定できません。特に民間ではなく自治体の工事の場合は、偏見や風当たりが強いということも実情なので、新しい工法の不断水工事を用いることで余計なトラブルを回避できるのではないでしょうか。不断水工事を利用した場合は、給水自体はストップすることがなく、平常通り水道を利用できます。

この時点で道路の交通整備の問題だけに集中することができるので、ストレスフリーな工事を行うことを可能にしています。不断水工事には他にもメリットはあります。給水をストップさせてしまう工法では最低でも数時間にわたって給水管内部に水が無い状態が続きます。その後に給水開始となり、蛇口を回した際には、赤さびや泥などが水に含まれてしまうことが非常に多く、クレームの元になる可能性も十分に出てきます。結果的に各自治体で行う水道管工事は、不断水工事を活用することがおすすめになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *