不断水工法を大きく分けると、施工箇所を迂回させて水道管のバイパス経路を確保する分岐工法と、工事箇所の両端を液体窒素などの低音物質で凍らせる凍結工法の2種類となります。

最初に開発されたのが1959年で、急増する建設工事による断水の多発が問題となったことから、幅広い施工場所で採用されるようになりました。その後、より小さな施工場所でも断水を生じさせることなく工事が可能な凍結工法も開発され、普段遂行法は水道工事に不可欠な技術として知られるよようになっていきました。

不断水工法が一般化する以前は、水流をバルブ閉鎖によってせき止めるという作業が必要で、固着した赤錆成分がバルブ開閉によって剥がれ落ちるなどして水質の低下を引き起こすこともありました。現在では水道水への錆の混入は昭和時代よりも水道直結型の住設機器が増加しているという観点から、好ましくないものと言えます。そのため、錆の剥がれ落ちの心配のない不断水工法が最適です。

周辺一帯を断水させるためには、事前の連絡や周辺住民への周知の徹底、商業施設や工場などの営業に関係する場合には休業期間の金銭的な補償なども必要です。付帯コストが大幅に増えることも断水を伴う工事の大きなデメリットとなります。不断水工法ではその点も解決することができるため、総工費の圧縮にも大きく寄与します。現在では工事方法も改良が進み、より優れた不断水工法が開発されておりますので、ぜひ情報サイトでチェックしてみることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *