以前は水道管工事を行う場合、水道管路から分岐管を取り出すために断水をしていました。

昔は水道を止めて排水してから工事を行っていたため、水がよごれてしまうことがあるという問題がありました。また、市民の生活水準が向上したことからも水が必要不可欠のものとなり断水することが難しくなったため、1959年に断水をせずに水道管工事を行う方法が開発されました。これが不断水工法と呼ばれるものです。住宅地にある水道管は定期的に点検が実施されており、必要に応じて水道設備の修理を行います。

その際に既存の巣同館にバルブや仕切弁を取り付け、仕切弁が開いていることを確認してから既存の水道管に穴をあけます。分岐側の配管が完了した時点で仕切弁を開け通水を行うことで、既存の水道管から分岐させて水の通り道を作り、通水を停止させることなく既存の設備のメンテナンス作業を行うのが不断水工法の仕組みとなっています。

断水してしまうとキッチンの蛇口から水が出なくなったり、住居内のトイレが使用できなくなったりと私たちの生活が不便な状態となってしまいます。また、住宅のほかにも水を大量に使用する生産工場などが稼働することができなくなることもあります。また生産過程で高温炉などを使用している場合には、冷却装置に大量の水が必要となるため生産ができなくなるなどの悪影響を及ぼしてしまうことがあります。このように、私たちの暮らしや経済を守るためにも、今日では不断水工法が一般的となっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *