工事を行うことによる断水は、多くの影響を与えることが想定されます。

一般家庭にはさまざまな住設機器があり、水道に直結して使用している危機や貯水タンクを備えた危機が少なくありません。常に水を利用できる環境での使用を想定しているために、水の供給が絶たれてしまった場合には不具合の発生が懸念されます。また店舗や工場などは水道水が使用できないことで営業活動や操業が困難となり、大きな損失を出してしまいます。

断水を伴う水道工事を実施するためには、断水が発生する場合においてこれらのようなトラブルを想定し、適切な説明や補償を行わなければなりません。しかしそれには多くの費用がかかり、完全にトラブルを避けることが確約できない可能性もあります。したがって、水道の流れを止めることなく工事を完了できる不断水工事を採用することが望ましいと言えます。

不断水工事の実施で、工事区画周辺への周知や補償などの費用負担が発生しなくなること、広報活動や給水車要請などの工事本体以外のコストも削減できることが期待できますので、近年では水道工事の場合は不断水工法を採用することが一般的になりました。技術開発が多くの水道工事業者によって活発に行われておりますので、工事場所に見合った施工方法や工事期間、総費用などの観点から適切な不断水工事を選べるようになっています。比較検討ができる専門ウェブサイトもありますので、ぜひ一度チェックをして、適切な不断水工事を施工できる会社を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *