例えば新築で建物が近所に出来るとします。

その時には、そこでも水道を使える様にしないといけません。ですので、地面の下を走る水道管の本管を切って、そこに新しく管を付けていきます。ただ、普通に実行した場合には断水が発生してしまいます。近くに調整バルブ等がある場合も無いではありません。その時にはそこで調整する事も出来ます。ですが見つからない場合は水道管全体を止めてからの作業になります。

高度経済成長以前でしたら、そういった方法でも問題はありませんでした。ですが、昨今の社会ではこのままの方法では色々な意味で問題があります。そこで不断水工事が開発される事になりました。正式名称は不断水分岐工法というのですが、従来ある水道管を掘り出した後、そこに分岐型のT字管を仕切弁を付けた状態で管に設置します。その後、仕切弁に不断水穿孔機というカッターを取り付け仕切弁を全開にしつつカッターを起動させます。そのカッターは管内を掘削していく事になります。

勿論、この時の破片の回収も出来ます。後は全ての工程完了と同時に穿孔機を撤去するだけです。この方法でしたら、水道本管に水を通したままでの作業が可能になります。これ以外にも景観上の問題などで、池の水を抜かないままで水道管の工事がしたいという場合や、地面の中に複雑に管が設置されていて普通の方法では他の管を傷つけてしまうという場合の不断水法もあります。掘削する方向についても状況に応じて変える事が可能になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *