これまでの水道管などの工事の方法としては、いったん水を止めて工事をおこなうことが一般的でした。

もちろん影響を受ける近隣に対して断水のお知らせなどは住宅地に連絡していましたが、やはり生活上不便であることも多かったです。ですが最近よくおこなわれている不断水工事ですと、そのような水を止めるといったことはせずにすみますので、毎日の生活に支障が出ることもなく住宅地のみならず飲食店や病院などで不便を感じずにすみます。

さらにこれまでの水を止めて工事などをするやり方ですと、再開した時に水道管内から汚れや赤さびが出ることがあったので、必ず中を掃除してからでないと再開して水を通すことはできませんでした。ですが不断水工事でしたらそうした掃除などの手間も省くことができるため、工事する側にとっても時間短縮や費用軽減にもなりますのでメリットの多い工事となります。

不断水工事の方法としては二通りあり、分岐工法と凍結工法です。ともに断水することなく工事をおこなうことができますし、凍結工法に至っては液体窒素を利用して凍結した部分がバルブの役割も果たしてくれるため工事現場の近くにバルブが無くても工事をおこなえるというようなメリットもあります。このように不断水工事は住宅地などの生活において住民にストレスをかけることなく工事をおこなえるやり方ですので最近では主流になり、特殊な場合を除いてはほとんどこの方法がおこなわれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *