不断水工事、あまり聞きなれない言葉ですがその字の通り「断水をすることなく、工事をする」事を言います。

以前では水道管工事を行う際には断水をしておりましたが、最近では断水することなく工事を行う事が主流のようです。断水をするとその地域の住民は断水中は水道を使用出来ないので、住民の負担になったりクレームの心配もありましたが、不断水工事が可能になり水道管工事中でも住民は普段通り水道が使用出来るので、今ではなくてはならない工事方法です。さて、「不断水工事」を行う方法の事を「不断水工法」と言いますが、今まで水道管工事には必要不可欠だった断水を行わずに一体どうやって工事を行っているのでしょうか。

不断水工事を行う方法は大きく分けると分岐工法と凍結工法に分かれます。分岐工法は既設されている水道管に割T字管と仕切弁を取り付けて、穿孔機のドリルを利用して既設の水道管に穴を開けていきます。穴が開いたらドリルを元に戻して仕切弁を閉じ、その後穿孔機を外してから分岐管を設置して仕切弁を開けて水を流します。

一方で凍結方法とは液体窒素を用いて作業場所の両端を凍らせて、凍結部分はバルブの役割をするので水の流れを防止することが出来、断水を行う必要がなくなります。以前は工事をする際、古いバルブを動かして断水していたのでバルブに付いていた錆びなどで水が汚れ、工事後配管の中を清掃する必要がありましたが、不断水工事はその必要がないので水が汚れることもなく、時間も短縮でき大きなメリットがあると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *