不断水工事が実施されるまでは、水道工事の際に断水になってしまう事も多くありましたが、現在においては、断水する事なく工事を行う事が出来るようになりました。

その不断水工事は2種類存在しており、いずれも既設管内の水の流れを止めずに配管工事を行うための技法です。まず、上水道の配管工事を行う技術として、分岐工法が開発されました。分岐工法は割T字管と仕切弁、穿孔機を使用し機械的に穴をあける工法です。もう一つは凍結工法と言い、液体窒素を利用して、作業個所の先端を凍結させ、凍結部分はバルブの変わりとして機能します。

いずれも古いバルブを動かす事なく不断水工事を行う事ができます。普及するまでは古いバルブを閉じて見ずの流れを止めたうえで作業を行っておりましたが、それでは古いバルブに赤錆が付着してしまい、水の流れを止めるためにバルブを動かすと赤錆が剥離し水が赤く濁ってしまいます。そのため、広範囲で断水が生じる場合は周辺の住民に対して告知や給水車の手配などが必要となります。

不断水工事ならそれらの作業を省略する事ができ、従来の方法と比べると短時間で配管工事を行う事が出来るという事で、工事期間を大幅に短縮できます。早く出来る事によって、人件費などのコストのカットも見込まれます。そのため、不断水工事は経営効率の改善に役立つので現在では様々な配管工事に利用されております。そのため、現在では断水が起こる事はないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *