不断水工事では既設管内の流水を止めることなく新たな分岐管やバルブを設置します。

水の流れを止めずに作業を行う技術は、大きく分岐工法と凍結工法に分けることができます。最初に開発されたのは分岐工法です。1959年に上水道の配管工事を行う技術として開発されました。現在は下水道における配管工事にも採用されています。分岐工法は割T字管と仕切弁、穿孔機を既設管に設置します。穿孔機にはドリルが装着されており、仕切弁を全開にした状態で既設管に穴を開けます。

その後仕切弁を全閉にして穿孔機のみを取り外し、新しい分岐管やバルブを設置します。作業後も割T字管と仕切弁は既設管に残ります。穴を開ける際に発生する金属片は水圧で外に押し出されて穿孔機内に取り込まれるので、配管内に残ることはありません。凍結工法では液体窒素を利用して作業部分の両端を凍らせます。バルブがなくても凍結部分が代用品として機能するので問題ありません。どのような場所でも素早く不断水工事を行うことができます。

大きな施設内で各階ごとに不断水工事を行ないたい場合は、凍結工法が適しています。現在では分岐工法や凍結工法が上下水道の様々な配管工事に採用されるようになりました。不断水工事は従来の方法と比較して短時間で作業を行うことができます。また断水が生じないため、近隣の住民に告知したり給水車を手配したりする必要がありません。従来の方法よりも大幅に工事期間を短縮できるというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *