水というものは生活上、必要不可欠なものだけではなく、飲食店ではたくさん使われますし、工場などの製造現場でも大量に使われています。

今ではあらゆる所に水道管が張り巡らせてあるので、必要になればそこから分岐をして建物内に引き込むことが出来ます。ですが、水道管と言えば浄水場から送り出す時に強力なポンプを使って水圧をかけています。そうしなければ遠くまで水を行きわたらせることが出来ないからです。新しくビルなどを建て、新たに水道管を引くことになれば、地中に埋められている既存の水道管から分岐しなければなりません。

先ほど書いた通り水の供給に使っている水道管は物凄い水圧がかかっています。それに穴をあけるとなると何らかの対策を施さなければならないことは容易に分ると思います。噴出した水をどう処理するか、物凄い勢いで出てきている穴に新しい管を繋ぐにはなど、かなり困難な作業が予想されます。ところで、時々ニュースなどで道路に穴が開き、水柱を上げて水が噴出しているといった報道を見ることがあると思います。何らかのはずみに水道管が破裂したものかと思われますが、アスファルトで舗装された路面を突き破って出てきていることから水道管には相当な水圧がかけられていることがわかります。

ですから水道管に穴をあけることはとても危険なので特殊なT字管を使った不断水工事という方法で対処します。不断水工事でも穴をあけるのですが、分岐のためのT字管の中で水がとどまるような仕組みになっています。ですので、水圧を下げることなく工事が出来るのです。それも不断水工事のメリットの一つですが、最大のメリットは不断水、つまり断水することなく工事が出来ることです。冒頭に書いたように水は生活上、また経済活動上、必要不可欠ですので、とても優れた方法なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *