不断水工事は従来の方法と比較して大幅に短い時間で作業ができます。

かつては上下水道の配管工事を行うために古いバルブを動かして水の流れを止めていました。そのため断水対策として近隣住民への告知や給水車の手配が必要になります。不断水工事の場合は特に対策を講じる必要はありません。また古いバルブから赤錆が剥離して水が濁ることもないので、作業後に配管内の清掃を行わなくて済みます。不断水工事はかつての方法と比較して、様々な付帯作業を省略できるというメリットがあります。

さらに工事の作業自体も素早く行うことが可能です。不断水により配管工事を行う技術には分岐工法と凍結工法があります。いずれも従来の方法と比べて短時間で新しい分岐管やバルブを設置することができます。分岐工法は機械的に穴を開ける技術で、凍結工法は液体窒素を利用する技術です。完全な通水状態のまま作業を行ないたい場合は分岐工法を選びます。穿孔機のドリルを使用して既設管に穴を開けます。

凍結工法は作業部分の両端を液体窒素で凍らせます。ごく狭い範囲で部分的な断水が生じますが、全体的には通水状態のままです。凍結工法は凍らせた部分がバルブの代わりとなるので、任意の場所で素早く不断水工事を行うことができます。分岐工法はもともと上水道で配管工事を行うための技術として開発されました。現在では分岐工法も凍結工法も上下水道の配管工事に広く採用されています。従来の方法よりも素早く配管工事ができるので人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *