上水道や下水道やガスは電気と同様に、生活をする上で最小限必要なだけでなく豊かな暮らしをするために重要なインフラです。

電気配線は通常は柱上に布設されていますが、上水道管や下水道管やガス管は道路に埋設されています。中には、主要幹線道路や都市景観条例適用の地域で電柱を建てることができず、共同溝にこれらの配線や配管を布設する事例もあります。建物を新築したり増築や改築などで、上下水やガスなどを道路から敷地内に引き込む際には、道路に埋設されている本管から分岐取り出しをすることになります。

この際には道路の掘削して本管を掘り出した上で、分岐サドルなどの器具を接続して取り込み管を布設します。この工事中は道路の封鎖や片側通行などの措置を講じる必要があり、主要幹線道路であっても細い道であっても生活道路であれば、利用者の暮らしへの影響は免れません。また上水道では本管に穴を開けることになりますので、断水を余儀なくされ、周辺住民の生活や暮らしへの影響は免れません。

こうしたことから工事にあたっては、できるだけ短時間で確実に作業をすることが求められます。上水道管工事においては、不断水工法とよばれる手法でこれらの作業を短期間で行うことが可能です。不断水を実現するための上水管用の分岐サドルならば、本管を断水せずに短時間で接続作業を行えます。不断水工法は、作業時間の短縮と確実性だけでなく生活や暮らしへの影響を最小限に抑えた工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *