日常生活に欠かせない水は水道管を通って供給されます。

その大事な水の通り道である配管の修理や撤去、増設や改造などを行う場合は水の流れを止めてから作業を行うのが一般的な方法でした。そのため工事が始まる前には周辺地域への工事の告知や当日の断水に気を配る必要がありました。これは日常生活に大きな影響を与える事は否めず、工事が始まると暮らしに不便さを感じさせてきたのは言うまでもありません。そのような暮らしの不便さを加味し登場してきたのが、水を止める事なく工事を行う不断水工法です。

これは断水する事なく必要な工事を進める事が出来るため、水道だけでなく下水道の工事や修理にも採用されています。特に大都会などの場合は断水による生活への影響は計り知れないものがあり、その期間の手間と損失は大きなものになります。それを覆す不断水の技術は暮らしを考慮した画期的な工法です。不断水工法は水の通りを止める工事であるため、工事業者もその利点を活かした色々な方式を提案し開発を続けています。代表的なのは液体窒素で水道管を凍らせ水を止める凍結工法、工事部分を分岐させる事で水路のバイパスを作る分岐工法です。

いずれにしても断水する事なく生活に支障をきたさない点は賞賛すべきものでしょう。水道管の劣化に伴い様々な場所で水道工事が行われている今、生活に大きな影響を及ぼすことなく適切に対処出来る技術は、人の暮らしを一番に考えて開発された非常に優れた技術と言えます。このような不便さを感じる事なく安心と安全を得られる不断水工法は、今後もさらなる進化と共に暮らしに根付いていくはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *