不断水工法は、すでに取り付けられている水道管から分岐させて新たに管を取り付けて断水しない生活や暮らしを守るために採用されたり、すでに取り付けられている水道管に付いたバルブを交換するときに採用されます。

水道管分岐工事を施工するときには断水することなく施工することが出来るので不断水の生活や暮らしを守ることが可能です。しかしバルブを交換するときには、断水しないと取り替えることが出来ません。何故かと言うとバルブを管から取り外す必要があるため、多少生活や暮らしが不便でも水道を断水しないと大量の水漏れが発生してしまうためです。とは言ってもバルブの前方と後方に水道管分岐工事を行いバイパスを新たに作り出し、バイパスのほうに水を流せば、理屈の上では不断水でバルブを交換することは出来ます。

そのときには、新たなバルブの他に、バイパスを作るための管や分岐器具も用意する必要がありますし費用も時間もかかってしまうのです。そして交換して使い終えたバイパスを取り外す必要があり管に、もう使う機会がない分岐器具が残ってしまうため効率的ではありません。

バルブを交換するときは、水道管のバルブの前方と後方を液体窒素で凍らせます。そうすると少しずつ管の中で水が凍結するため、栓をしたのと同じことになる訳です。水の流れが止まったら古くなったバルブを外して新たなバルブを取り付けます。後は水道管に熱を加えて氷を融かしてもう1度水を通せば完成です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *