日常生活に欠かせない生活用水を断水する水道管工事は、今日では行われなくなりました。

近年、断水をしなくても工事が可能な「不断水工法」が行われるようになったためです。今ではこの工法が一般的な水道管工事となっています。不断水を簡単に説明すると、「断水をすることなく分岐設置やバルブ設置を行う工法」です。水を止める必要がないため、周辺住民の生活に影響を及ぼしません。工事の通達や水抜き、水張り、空調機の停止なども不要になります。

また、工事完了後の管内の清掃をしなくても良いため、工事時間を大幅に短くすることができます。工事範囲の拡大効果をもたらしますし、建設会社のコストダウンにも繋がります。今現在、地下にある既設水道管は50年以上前に設置されたものが多く、老朽化が進んでいると言われています。不断水工法で計画的に工事をすることで、水道の安全を通じて私たちの暮らしを守ってくれています。メリットの多い不断水工法ですが、実は注意点もあります。

断水をしていないので工事中も常に水が流れているため、工事中の異物が混入すると水道から流れ出てしまうということです。このようなトラブルは人々の暮らしを左右することにもなり兼ねませんので、事前の工具の点検や熟練の作業者が安全面に配慮して行う必要があります。しかし、このようなケースは決して多くはありませんので心配することはありません。水道工事は間接的に私たちの暮らしを支えてくれている無くてはならないものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *