普段の日常生活において、水が当然あるものとして暮らしていますが、これは各種施工業者などが努力して維持管理をしてくれているということをどれくらいの方が意識しているでしょうか。

高い技術でもって水道管の管理をしてくれているおかげで不自由ない生活を送れています。今回は、水道管の修理や利用する住まいを増やすなどの対応をする際に行なう工事について解説します。水道管の工事を行なう際、これまでは断水工事といって、一度水の流れをストップしてから工事を開始するという手法が一般的でした。しかしこれをすることで工事期間はその周辺の住まいの方々は水が使えない暮らしをしないといけませんでした。

これだと生活上で不便を被る家庭が多くなってしまうので、最近では不断水工事という手法が主流になってきています。不断水工事とは、水を止めることなく工事を進めることができる手法で、時間的な面と肯定的な面で大きなメリットがあります。不断水工事は、特殊な形状のT字管と専用穿孔機を使って、元の配管から分岐路を作る不断水分岐工法というものと、バルブなどを挿入する不断水インサート工法というもの、主に2種類の工法があり、いずれも以前では考えられないくらいに効率がよく時間の短縮及び費用の軽減が図れます。

このおかげで、日々の暮らしに全く支障が出なくなったばかりか、工事をしていることすら我々一般市民にはわからなくなっています。業者の方々の技術力に感謝する気持ちを忘れずに生活していきたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *