不断水工法とは水の流れを止めずに、水道や下水道の配管工事を行う技術のことです。

分岐工法と凍結工法の2種類の工法があり、どちらも既設管内の水の流れを止めずに配管工事を行います。工事期間の短縮や人件費などのコストを削減するのに有効なことに加え、近隣住民への生活や暮らしに影響が出ない利点があります。昔の水道工事は水道を止めて排水を行ってから工事を行うため、断水による近隣住民の生活や暮らしへの影響がありました。

古いバルブには赤錆が付着している可能性が高く、水の流れを止めるためにバルブを動かすことで赤錆が剥離してしまいます。そのため新しいバルブや分岐管を設置した後に必ず配管内の清掃を行わないと、生活や暮らしに必要な水が汚れてしまいます。近年では水道を止めずに配管の増設や撤去などを行うことができる不断水工法が通常の工事になり、断水を行わずに古くなった水道管の交換作業を計画的に行えるようになりました。

分岐工法・凍結工法いずれの工法も従来の方法より短時間で配管工事を行うことが出来ます。そのため様々な作業の省略と工事にかかる時間の短縮が可能です。不断水工法は工事期間が短くなるだけでなく、人件費などのコストを削減できるというメリットがあります。快適で豊かな暮らしに水は欠かせないものです。また商業施設や工場などで断水が行われると、作業の遅れなどにより経済的損失も考えられます。不断水工法は断水を防いでくれるだけでなく、誰もが安全に水道を利用できることが可能な工事なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *