不断水工法は、断水を行わずに工事を行う方法です。

昔は水道工事を行う際、水道を止めて排水を行い工事を行っていたため、水道工事をする場合には断水することが殆どでしたが、断水を行うことなく工事を行う不断水によって近年は断水せずに水道工事が可能になっています。断水して工事をする場合、断水時に水が汚れるなどのトラブルがありました。水道を止めることなく、配管の増設や撤去などを行うことが可能になることで、水道管の交換作業などを計画的に行うことが出来るのもメリットのひとつです。

不断水工法で水道工事を行うことで、工事中に異物などが混入すると混入物が含まれた水が供給されることはありますが、断水すると数時間水道が使えないという住民からの不満を防ぐことが可能になり、工事も計画的に行うことができるため、水道の維持のためにも重要な工法と言えます。不断水工法は分岐工法と凍結工法があります。

どちらも水の流れを止めずに配管工事を行うための技術で、分岐は割T字菅と仕切弁などを使い機械的に穴を開ける工法で、凍結は液体窒素で作業箇所の両端を凍結させて、凍結部分はバルブの代わりとして機能します。どちらの工法も水を止めることなく配管工事が可能で、従来の方法と比較して短時間で配管工事を行うことができます。不断水工法は、断水が生じると周辺の住民に告知したり排水者の手配をするなどの付帯作業が省略でき工事時間を短縮可能なので総合的に工事期間が大幅に短縮できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *