不断水は上水道の給水分岐時に管を断水せずに施工するために開発されました。

不断水は圧送管路で、供用開始後に通水させた状態で分岐やバルブを設置することができるといったメリットがあり、人々の生活や工場などの稼働を大きく妨げることなく上水道工事ができるという点で注目されている方法です。こうした方法は不断水分岐工法とよばれ、上水道だけでなく、下水圧送管でも採用されています。その場合、空気弁を追加したり、バイパス管路を分岐設置したり、バルブ追加時などに用いられています。

不断水分岐工法を行う場合、まずは既設の圧送管の分岐取付部分の掘削を行います。そして、割T字管という器具を既設の管に設置させます。管は分割型のT字管で、既設管に取り付けた後は仕切弁を取り付けていきます。そして、その仕切弁に不断水穿孔機を設置します。仕切弁を全開にしたら穿孔機を始動させて既設圧送管を穿孔していきます。切削された既設管の管片は水圧によって穿孔機内に取り込まれるようになります。

穿孔が完了したら仕切弁を全閉にして、穿孔機をとりのぞきます。こうした方法で断水せず、通水したまま工事などを行うことができます。蛇口から水が出るのは当り前という状態になっている昨今では、工事などのために断水になってしまうと水を利用している多くの人々の生活に不便さが生じてしまいます。そんな時にこの方法は通水した状態のままで施工することができるという点でよく用いられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *