不断水工事では配管内の通水状態を維持したまま新しいバルブや分岐管を設置します。

通水状態を維持したまま作業を行う技術には分岐工法と凍結工法の2種類があります。1959年に上水道の配管工事を行うための技術として分岐工法が開発されました。その後凍結工法が登場し、現在ではいずれの技術も上下水道の配管工事に採用されています。これらの方法を採用すれば不断水でバルブや分岐管を設置できます。分岐工法は穿孔機と割T字管、仕切弁を利用します。

割T字管とは分割型のT字管です。その先に仕切弁と穿孔機を取り付けます。仕切弁を全開にした状態で穿孔機のドリルを使って既設管に穴を開けます。穴が開いたら仕切弁を全閉にして穿孔機のみを取り外し、バルブや分岐管を設置します。新しいバルブや分岐管を設置したら再び仕切弁を開きます。割T字管と仕切弁は作業後も既設管に装着されたままとなります。ドリルで穴を開ける際に発生した切り屑は水圧で外に押し出されて穿孔機に取り込まれるので、配管内に残ることはありません。

凍結工法は液体窒素を使って作業部分の両端を凍らせ、ごく狭い範囲で断水を生じさせます。全体的には不断水状態を維持できるので、工事現場周辺の住民に迷惑をかけることはありません。凍結部分はバルブの代用品として機能します。工事現場の近くにバルブがない場合や、バルブが壊れている場合でも素早く配管工事を行うことができます。デパートなどでフロアごとに配管工事を行ないたい場合などに便利な方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *