不断水工法とは、設置されている水道管を流れる水を止めることなく工事を行う方法です。

これまでの水道工事では、配管を分岐して新設したり古くなった配管を取り替えたりするためには、工事を行う区域の通水を止めて施工しなければなりませんでした。そのため、その地域の人たちの生活に影響が出たり、工期が長期間にわたる場合は給水車などの手配が必要になることもありました。また通水を再開するときに配管の中に残っていた汚れが流れ出し、水道水が濁ったりすることもありました。不断水工法が取り入れられるようになってからは、こうした状況は避けられるようになりました。不断水で工事を行う方法で主なものは分岐工法と凍結工法です。

分岐工法は、既設の管に接続可能な割T字管と仕切弁を取り付け、穿孔機で既設管に穴を開けた後仕切弁を取り除くことで、割T字管の中に水が流れるようになることで水道管の分岐ができるようにする方法です。凍結工法は、工事をしたい配管の両端部分を凍結させて塞いでいる間に作業を済ませてしまう方法です。このような不断水工法を行うメリットは次のよう点をあげることができます。

工事をする場合も、周囲の生活には影響が少ないため普段通りの生活や仕事をすることが可能です。また断水をした後に通水を再開するときには管内の清掃が必要でしたが、それも不要になりました。工事期間も短縮することができるため、人件費などもコストを抑えることにもつながります。このようにメリットの多い不断水工法ですので、現在ではほとんどの水道工事がこの方法で行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *