一般的に不断水工法とは上下水道などの配管工事をおこなう場合に、既設配管の水を止めることなく工事をおこなうことができる方法です。

いくつか種類がありますのはよくおこなわれているのは分岐工法と凍結工法になります。ともに水を止めることなく工事ができますので、時間の短縮にもなりますし、その分費用に関しても軽減することができますので非常に効率のよい工法として、特殊な場合を除いては全国でおこなわれています。これまでの配管工事では、まずは水を止めなければ始めることができませんでしたので、近隣などでその告知をしたり、飲食店や医療関係で不都合が生じることを懸念して配水車などを手配していました。

さらに工事終了後に水を流す場合、排水管内の汚れや赤さびなどが混じる可能性がありますので、そのための清掃なども必要でした。そのため時間も費やしますし人件費などを含めた費用もかかっていたのです。ですが不断水工法によってこれらをクリアすることができるようになりますので、その分効率的に作業をおこなえるようになりました。

不断水工法の分岐工法では割T字管や仕切弁、穿孔機などを利用して機械的に穴をあけて作業をおこないます。また凍結工法では液体窒素などを利用して作業をすることになります。ともに何より水を止めて生活をストップさせることなく、工事をおこなうことができますので不断水工法によって得られるメリットは非常に大きいといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *