不断水工法とは、上水道の配管を分岐して新設したり、古くなったものを交換したりする工事の際に、管の中を流れている水を止めずに工事を行う方法のことです。

これまでの水道管の工事では、通水を止めて工事をしなければなりませんでした。通水を止めるためには、水道管の途中にあるバルブを閉じることによって水の流れを遮断するのですが、バルブとバルブの間が遠い場合には、断水の影響を受ける範囲も広くなり、多くの方々に迷惑をかけることになっていました。

工期が長期間になる場合や病院や工場など大量に水を使用する施設がある場合には、給水車を手配して影響を少なくしたりする必要がありました。不断水工法にには、分岐工法と凍結工法があります。分岐工法は、割T字管と呼ばれる分岐用の管を分岐したい場所に接続し、穿孔機で穴を開けて通水します。穿孔する際に出る削りくずは、既設の管の水圧で流されてしまうため、上水道を使用している人たちに迷惑をかけることはありません。

凍結工法は、配管工事をしたい箇所の両端を凍結させて、短期間に分岐や交換の配管工事を完了させるものです。これらの不断水工法が普及することによって、地域の断水の必要もなくなり迷惑をかける範囲も最小限に抑えることができ、告知の手間や給水車の手配などが不要になりました。また不断水こうほうは、工期の短縮にもつながり、人件費をはじめとする様々なコストを抑えることにもなるため、現在の水道工事ではほとんどが不断水工法で施行されるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *