上水道の工事において、個人の家一軒ならまだ良くても、その地域全体やマンション一帯の水道を止めるとなるとかなりのおおごとになります。

それで出来るだけ不断水を励行しつつ、必要な作業をするにはどうしたらいいのか考慮された作業の一つに、不断水分岐工法があります。よく考えられた工法です。大きな上水管の横部分に分岐するパイプを取り付けます。上水管は圧をかけたままで水を止めない状態にしてあります。分岐するパイプに弁を取り付け、さらにその先に水を吸い込みつつ弁を通り抜けて接続したパイプと上水管の外側に穴を開けるドリルを取り付け、そのドリルを当てて必要なサイズの貫通穴を開けます。

上水管には圧力がかかっていますし、そのドリルと吸い込む装置にも手前に引っ張る力がかかっていますから、貫通穴を開けた時のゴミは全て手前に出て来ます。ドリルの先が弁より手前に戻ってきたら、基本仕事は終了です。弁を閉めると分岐は終了です。

穴を開けてドリルを手前に戻し、弁を閉める時間だけの水の損失となります。そして、もし上水管と分岐するつなぎ目がしっかり溶接されていなかったらのちに大きな問題となってしまいますので、そのための確認作業が穴を開ける前に必要かもしれませんし、これが一番の要かもしれません。どちらにしてもこの工法は、今の時代の便利さや忙しさなどを反映していると思われます。不断水の必要性にかられ編み出された工法であり、合理的で止めて行うよりやりやすい方法かもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *