圧送管路では、使えるようになった後に水が通っている状態のままで、バルブを設置したり、分岐菅を設置したりすることをできるようにする工事の方法のことを不断水分岐工法といいます。

この工事の方法は、上水道の水を分岐させるときに本管を断水させることなく工事を進めるために開発された方法なのですが、下水の圧送管路でも、空気弁を追加して設置したり、バイパス管路を作るのに分岐させたり、バルブを追加して設置したりするときに行われています。圧送ポンプを動かすときにも管の中の水を多少排出するだけでバルブや、分岐菅を設置することができ、これから圧送管路が多条化していくときや、配管を交換するときに役に立つと考えられています。

不断水分岐工法の手順としては、まず、既に設置されている圧送管の分岐して取り付けられている部分を掘削してから、割T字管という既に設置されている圧送管に設置することがきえる分割型のT字管を取り付け、仕切弁も取り付けていきます。そして、仕切弁に不断水穿孔機というコアカッター状になっている特殊な穿孔機を取り付けます。

仕切弁を開ききってから、不断水穿孔機を動かして、既に設置されている圧送管に穴を開けていきます。このときに、切削される既設の圧送管のかけらは水圧によって不断水穿孔機の方に押し込まれて、切屑と一緒に穿孔機の中に取り込まれていきます。穴を開けたら仕切弁を閉めて、穿孔機を取り外して完了となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *