配管工事を行う場合に、配管内の流水を止めると工事現場一帯で断水が生じます。

近隣住民への影響を考慮して給水車を手配したり事前の告知を行うなど、手間をかける必要があります。現在では不断水により配管工事を行う技術が発達しています。もともとは上水道の分岐管やバルブを設置するために開発された技術ですが、下水道のバイパス菅や空気弁、バルブの設置にも活用されています。不断水により配管工事を行うことで、より工事期間を短縮して費用を削減することができます。

配管内の流水を止めることなく工事を行う方法には穿孔機と補助器具を使用して機械的に穴を開けるものと、液体窒素で工事部分の配管を凍結させる方法が存在します。いずれの方法を選択した場合でも通水状態を保ったまま、より早期に工事を完了させることが可能です。穿孔機で穴を開ける場合には本管の切屑が発生しますが、水圧により外に押し出されます。配管内に切屑が残ることはないため工事完了後に清掃を行う必要もありません。配管を部分的に凍結させる場合には、配管を切断して工事を行います。

凍結部分は断水しますが、その他の部分は通水状態のまま作業が可能です。商業施設などで各階ごとに営業を停止することなく工事を行う場合には、配管の凍結による工事方法が適しています。また配管内の流水を止めて工事を行う場合には古いバルブの開閉により赤錆が剥離して水が赤く濁ることがあり、配管内の清掃が必要でした。一方凍結による不断水工事では、バルブを開閉することなく工事を行うことが可能なため赤水が発生することはなく清掃の手間を省略できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *