一昔前の水道工事においては、断水することがしばしばありました。

新たに水道管を通すためには、既設の水道管を流れる水を止めてから作業をしなければならなかったからです。しかし断水するとなると、様々な手間ひまがかかり、工事業者にとっても、断水が起こるエリアに住む住民にとっても負担が大きいものでした。例えば、業者は工事の前に断水するエリア内の各家庭を1件1件回って告知したりする必要がありましたし、水が止まるのが長期間に及ぶ場合は、給水車などの手配が必要になります。

住民側も工事中は水を使えないので不便極まりないでしょう。しかし、既設管の水を止めることなく新たな水道管を設置できる不断水工法という技術が確立されてからは、断水をしなくても工事をできるようになりました。特殊な機具を使って水が通ったままの既設管に穴をあけ、そこへ新たな配管を設置して水を通すことが可能です。不断水工法では水を一切止めないので、工事前の挨拶まわりや給水車の手配は不要です。

また、不断水工法を使えば、工事後に管内の掃除をする必要もありません。不断水工法が確立される以前は、工事後には管内をちゃんと掃除しなければならず、業者には大きな負担でした。これが不要になったおかげで、工事をよりスピーディーに仕上げることに繋がりましたし、さらにコストを下げることにもできました。それから不断水工法を使うと、工事後に赤水が発生しなくなるというメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *