水道工事が近所で始まる時には前もって回覧板などで断水のお知らせが入ります。

断水になると水道はすべて使えなくなるので、事前に水を汲んでおくなどが必要ですし、工事が終わった後には赤水が流れて来る関係上、暫くは水道を出したままにしておくなどが必要になります。水道工事は生活に支障をきたさない時間帯に行われるのが一般的ではありますが、緊急で工事を行うこともあるため、生活への影響が起きるケースもゼロではありません。

特に、最近はタンクレストイレなどの登場により、水が止まってしまうとトイレの利用が出来なくなるリスクもあるため、水道工事を不断水工法で行われていることも少なくないのです。不断水工法は通水状態で水道管の交換、新設工事を行う手法で、通水状態のままになるため断水することなく水を使い続けることが出来ます。病院の中には水が使えないと治療に影響を及ぼす事もありますし、工場などでも水道が断水状態になると生産をストップさせなければならないなど、不断水工法による工事は様々な分野において重要なやり方とも言えましょう。

住宅地などでは水道工事中も水を使うことが出来るので、トイレの利用が可能になって来ます。ちなみに、トイレタンクの中には1回分の水が蓄えられていますが、断水時に使ってしまうとタンクへの給水が出来なくなり、タンクレバーを回しても水が流れて来ません。タンクレストイレの場合は、水道管と直結状態になるので、断水が始まればトイレの水を流せなくなるデメリットもあるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *