通水状態で水道管の交換や設備点検、設備の新設工事を行うことが出来る手法のことを不断水と呼びます。

水道管を交換する場合、水道管内には高い水圧の水が流れている関係からも、断水するのが一般的です。断水状態にするためには水道管の途中にバルブを取り付けることで水の流れを止めることが出来ます。このバルブを取り付ける作業自体は難易度は高くありませんが、バルブを閉じてしまい水の流れを止めれば、その先で水道設備を利用している住宅や病院、工場などの各施設では蛇口から水が流れなくなります。

現代は蛇口を捻れば水が流れてくる便利な状況ですから断水により水道が使えなくなると不便な状態になりますし、水が使えないことで病院での治療に悪影響を与えてしまう、モノづくりを行う工場でも水が使えなくなると生産性が悪くなるなどのデメリットもあるわけです。不断水工事は通水状態で水道管の交換などを可能にする手法ですが、不断水工事には技術が必要になること、どのような業者でも行うことが出来るものではありませんので、限られた時にしか不断水工事は行うことは出来ないわけです。

しかしながら、技術は常に進歩しており、将来的には水道工事と言うと通水状態で水道管の交換が出来る不断水工事が主流になるとも言われています。ちなみに、最近断水のお知らせがないのにも関わらず水道管の工事が行われているのは、通水状態で工事が行われているからで、徐々に広まりつつある技術と言えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *