不断水工事に用いられる特徴的な器具として、割T字管と呼ばれる水道管と、その内径にちょうど収まる形状の穿孔器とが挙げられます。

この2つは不断水工事に特徴的なものと言ってよく、ある種の不断水工事ではこれがないと全く作業は行えませんし、また不断水工事以外の工事でこの器具が用いられることもまずありません。まず穿孔器ですが、これは前方にある水道管の管壁を穿孔する、つまり穴を開けるための器具です。

内径にちょうど収まるというのは要するに穿孔器と管壁の間から水が溢れてくるようなことがない、水圧にも耐えられる構造になっているということです。一方で割T字管というのは普通の水道管を縦割りにしたような形状をしています。それを組み合わせて分岐管とするわけですが、なぜ縦割りにされているのかというと、2つを組み合わせることで水道管本管をいわば握り締めることができるような先端形状となっているからです。

この割T字管と穿孔器がキーとなる器具で、まずは割T字管を本管に取り付けるところから工事は始まります。しっかりと取り付け、内部に水圧がかかっても水が噴き出すようなことのないようにします。そして割T字管から穿孔器を差し込み、前方の水道管本管の管壁を穿孔します。切片や切り屑は穿孔器内部に回収できるようになっています。穿孔後は穿孔器を引き出し、割T字管の根元についているバルブを閉じてから穿孔器を抜き取れば不断水工事の完成です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *