不断水工事の一つに、割T字管と呼ばれる特殊な形状をしたT字管を用いて分岐管を作製する方法があります。

割T字管とはこの不断水工事に特有の管材で、他の工事で使われるようなことはまずありません。また、これはT字管という名前はついていますが別に形状としてT字状であるわけではなく、既にある本管に対して単にT字状の分岐管を作製することができるという意味に過ぎません。

実際の形状としては、普通の水道管を縦に2つ割りしたような形をしています。どうしてわざわざ初めから縦に2つ割りされた形状なのかというと、先端部に特徴があり、2つを組合わせることで本来の水道管としての機能を果たせるのはもちろんのこと、先端部で水道管の本管をちょうど両手で握り締めることができるような形をしているのです。2

つ割りの接合部や本管との接合部は全て適切なパッキンが施されており、水圧に耐えることができます。不断水工事で用いられる割T字管ですが、もちろん本管との接合部については本管の太さに応じた専用のサイズでなければぴったりと組み合わせることができないのは理解できるでしょう。

つまり本管の太さに応じてそれ専用の割T字管が用いられるわけです。また、もう一つの特徴として、本管との接合部のすぐ近くにバルブが設けられており、自由に開閉することができるようになっています。ただし、この割T字管だけでは不断水工法は完成しません。取り付けたとしても本管との間には当然管壁があり、それを取り除く工事が必要になるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *