圧送管の工事を行うに際して、共用開始後において通水状態のまま分岐設置やバルブ設置を可能にする工法のことを不断水工事と言います。

本管を断水することなく施工できるために開発されたものです。下水の圧送管において、空気弁の追加設置やバイパス管路のための分岐設置やバルブの追加設置にこの工法を使っています。各種配管がたくさん入り混じっている都市の工事では不可欠な工法として知られています。

地下鉄や地下街などの開発が進む都市における工事はもとより、あらゆる条件下で水道管の分岐・補修・移設などを不断水工事の工法を用いて行われています。高度なノウハウが必要な施工技術が生み出したのが不断水工事の技術です。送水管や配水管に新しく分岐が必要になった場合に水道管の水を止める必要がありました。

以前は、その必要な箇所を断水して処理にあたっていましたが、不断水工事が可能になったことによって断水にともなう、利用者や消火栓等への影響を最小限にすることができるようになりました。主なこの工法を取り入れるうえでの留意点としては、通常水道管は道路等に埋設されています。

掘削にあたっては、穿孔機を設置できるような充分なスペースが必要になります。また、不断水工事には失敗は許されません。仕様マニュアル充分理解して、適正な資材や機材の準備が重要になります。作業を行うにあたっては、各工程ごとにチェックシートを使って確認を施して、段取りをもって確実な施工をすることが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *