不断水工法は工事を行う部分に水が流れないようにしながら水道の供給を停止させないことで利用者に影響を与えず水道工事を行うことができるものとなっており、利用者にとっては非常にメリットのある方法ですが、工事を行う側にとっては十分に注意を払って作業をしなければならないと言うポイントがあり、その責任は重大なものとなっています。

特に不断水工法を用いていたのにトラブルにより断水等が発生してしまった場合には大きな問題となるので注意をしなければなりません。不断水工法の中でも大きな工事の場合には新たに迂回するための管路を作成し一時的に水の流れを作って作業を行う方法が一般的ですが、軽微な補修作業の場合には凍結方を使用することも少なくありません。

凍結方は水道の1部を凍らせることで水の流れを止め、水道の供給は1部で継続しながら工事を行う方法となるため、その準備に時間がかからないメリットがあります。しかし凍結法の場合には凍らせた水が溶ける前に工事を完了しなければならず、時間が非常に限られてしまうと言うデメリットがある点に注意が必要です。

軽微な作業などで短時間で終わる場合には迂回路を設置して工事を行い再度切り戻すといった作業の方がその作業量が大きくなってしまうため、凍結法で行う方が効率が良い場合もあるのです。不断水工法には大きく分けてこの2種類があり、その工事内容や用途により使い分けることが一般的ですが、凍結法は作業時間を大幅に短縮できると言うメリットがあり、また工事が完了した後の処理も非常に簡単と言うメリットがある点に注目が集まっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *