これまでは水道管工事に付き物だった断水を行う必要がない不断水工事は、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

各家庭に水道水を給水するにあたり道路などに埋設されている本管は口径も大きく、圧力をかけて配水しているため分岐管を取り付けて分岐し接続するためには断水を行い水が止まった状態でなければ視野が確保できず、安全な作業ができないだけでなく水を無駄にしてしまう可能性がありました。技術開発が進み考えだされた専用の割T字管や仕切弁を取付けてから既設本管に穿孔させることで、断水が不要になる技術が不断水工事です。

工事の前に必要だった断水を告知する必要がなく給水車を手配して必要な家庭に配ることや工事現場で使う必要がなくなり、不断水工事だと管内に泥などが侵入してしまうこともほとんどないため工事後の管内清掃も必要なくなるため大幅に工期が短縮して費用の削減にもつながるメリットがあります。

効率よく作業するためには施工手順を職人1人1人が頭に入れておく必要があり、既設本管に割T字管と仕切弁を取り付けて穿孔機による孔のあけ方や穿孔機の使用後に仕切弁を閉じて穿孔機の取り外しを行い、分岐管の配管をしっかりと行わなければうまく作業が進まずに仕切弁を開けて通水するまでに時間がかかってしまいます。要領を覚えれば断水による施工よりも後始末も楽ですし現場で発生するリスクも少なくなりますから、手順は常に確認して不断水工法の技術向上に努めると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *