上水道を工事する場合には、きちんと水流を止めることが必要となります。

工事を実施する場所の水流を止めなければ水が噴出してしまいますので、通常はバルブを閉めて工事区域とその周辺を断水させて行うこととなります。広範囲において断水の状態を発生させてしまうことは日常生活にも大きな影響を及ぼしてしまいますので、断水を伴わない不断水工事が現在では主流となっています。水道工事業者の多くがさまざまな不断水工事のノウハウを有していますので、適切な施工方法を選択し、コストや工事期間などで最も良い方法を採用することが重要となります。

水道管の分岐工事は頻繁に行われる工事であり、そのたびに周辺地域や建物全体を断水させてしまうことはきわめて大きな影響が発生します。断水のお知らせという形での広報活動、断水中の給水車の手配、営業できない店舗に対しての費用弁償などがコストとして上乗せされますので、断水を伴う工事の実施には困難が伴います。

しかし不断水工事の場合にはそれらの付帯する工事費以外の負担が必要なくなりますので、総工費の軽減や工事期間の短縮など、大きなメリットが得られると考えられます。またバルブを閉めることによる赤サビの発生もありませんので、水道管内の清掃が必要ありません。衛生的であり経済的な工事と言えるでしょう。不断水工事には特殊なバルブを設置して物理的に水流を遮断する方法や凍結させて止水する方法など、多くの工法がありますので、業者にコストやメリットなどの詳細を問い合わせることがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *