生活に欠かせないライフラインとして水と電気があります。

震災の際には、両者が止まり普段の生活が出来なくなり大きな支障が起こり、改めてその大切さに気付かされます。一昔前までは、どちらの工事も一旦ラインを停止させ施工を行っていましたが、現在は水であれば止める事なく施工できる不断水工事が主流となっています。水道管工事といえば、本管の水を止める必要があり工事の数日前から周辺への周知が必要でした。数時間の断水が生じるので給水車の手配も必要となり、人件費を始めとする経費が多く掛かる工事でした。不断水工事では今まで当たり前だった事が全て不要となり、経費削減や工期短縮が行える経済的な工法です。

実際の不断水工事は、既設配管の分岐したい部分に割T字管と呼ばれる専用の器具を取り付けします。この器具の後方にはバルブ器具を取り付け更に、既設配管に穴を開ける為の穿孔機をセットします。穿孔ドリルで既設配管への穴あけを行い、終了したら元の位置まで戻します。水がどんどんと溢れてくる為、バルブを締め付けして止水します。

穿孔機を取り外しすれば、それ以降の配管工事を進める事が可能です。この際、既設配管の穴あけで生じる削り屑は水道管圧力により外へと押し出されるので、配管内への混入は心配ありません。不断水工事が多く採用される現在では、水道管工事が行われていても気がつかないほどです。大掛かりな工事とならないので、コスト削減ができ理想的な工事と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *